無免許人身事故・木下富美子都議の学歴・経歴は?年収も気になる?

政治家
この記事は約6分で読めます。

今話題沸騰中の東京都議会議員・木下富美子(きのした ふみこ)都議

今年の7月、東京都議選期間中に無免許運転で人身事故を起こし、
自動車運転処罰法違反容疑などで警視庁に書類送検されていた。

その後、雲隠れしていて、世間で物議を醸されていました。

そんな木下富美子都議ですが、
エリートであった言われる学歴や経歴はどうだったのか?

雲隠れ中でも高額な都議としての給与やボーナスが支払われることで話題となっていますが、
その年収はいかがなものかのか?

気になったので調べてみました。

 

2021.11.22追記
木下富美子都議が遂に辞職!詳しくはこちらの記事を↓

 

 

スポンサーリンク

 

木下富美子都議何をした⁉︎

2021年東京都議選期間中の 7月2日に車で衝突事故を起こしていたこと、
免許停止期間中の無免許状態であったことが、
投票翌日の7月5日に報道されました。

この事故により車を運転していた50代の男性と同乗者の妻が軽傷を負っています。
交差点内で右折の表示が出ても木下都議が進まなかったため、
男性がクラクションを鳴らすと木下都議は勢いをつけてバックしてぶつけた。
青信号になった途端、木下都議はスピードを出して直進。
男性もまっすぐ追いかけ、200メートル先で木下の車をとめたというのです。

報道があった日に都民ファーストの会は木下都議を
「当面の間、党員資格停止処分とする」と発表しました。
その後、「 除名処分」とすることを決定されています。

9月17日には警視庁から
自動車運転死傷処罰法違反(無免許過失運転致傷)
道路交通法違反(報告義務違反)の疑いで書類送検されています。

また捜査の結果、木下が5月から6月の間にも
都内で 計6回の無免許運転をしていたことが防犯カメラの解析などから判明。
道路交通法違反(無免許運転)容疑でも書類送検されています。

事件発覚後、1度も公の場に現れることなく、議会にも欠席。
議会から2度呼び出しがあったようですが、
体調不良などで出席されていませんでした。

およそ4ヶ月に渡り雲隠れをし続け、
今回3度目の呼び出しでようやく公の場に姿を現しました。

 

免許停止処分や無免許運転などから
道路交通法違反の常習者であることがうかがえますね。

しかも2018年から2021年にかけて、 5回免許停止処分を受けていたいう。
(違反の内訳は速度違反2回、携帯電話使用2回、信号無視1回、一時停止無視1回)

現役の都議会議員にこのような方がいるのは驚きである。
今年再選を果たしていることから、多くの支援者がいるはずなのに…
とんでもない裏切り行為!

それに、これまで会見など特に説明や謝罪もなく過ごされていたのですから…
声を荒げられずにはいられないでしょう。

木下都議の今後の言動にも注目が集まりそうですね。

 

スポンサーリンク

 

木下富美子都議の学歴・経歴は?

出典:Yahoo!ニュース

そんな木下都議、学歴や経歴はどうなのでしょうか?

学歴

小学校 名古屋市立富士見台小学校
中学校 名古屋市立千種台中学校
高校 名古屋市立向陽高等学校
大学 東京外国語大学スペイン語学科
大学院 東京大学大学院都市工学専攻「都市持続再生学コース」(在学中)

出身高校は偏差値70前後で愛知県内でもトップクラスの進学校のようですね。

大学時代には1年間休学し、アルバイトで貯めた資金でスペインに留学。
マドリードにてスペイン語・スペイン文化を学んでいます。
スペイン語も堪能だったのでしょう。

また、現役都議の傍ら大学院にも進学しています。
マルチに活動され、優秀な人物であることがうかがえます。

 

経歴

1990年大手広告代理店「博報堂」に入社

1990 カンヌ国際広告賞グランプリ受賞
カップヌードル「hungry?」のCM制作
2003 地球温暖化対策
国民運動「クールビズ」キャンペーンに参画
2003 「地ブランド」プロジェクトの立ち上げ
住民参加型まちづくり
2012~2014年 博報堂に籍を置きながら、「内閣府男女共同参画局」に出向
2012~2014 女性の活躍促進政策、ダイバーシティ制作の企画立案を担当
広報の責任者を務める
2015~2017 内閣官房まち・ひと・しごと創生本部より派遣され、
北海道江差町顧問(非常勤)となる
2015 豊島区国際アート&カルチャー都市懇話会委員に就任
2016年 「希望の塾」に入塾。翌年都議会議員に初当選
2017 東京都議会議員選挙にて。
都民ファーストの会公人で初当選を果たす
2018 都民ファーストの会東京都議団 副幹事長に就任
東京都議会厚生委員会委員に、東京都観光事業審議会委員として活動
2019 都民ファーストの会東京都議団 副政調会長に就任
都議会厚生委員会理事、東京都消費対策審議会委員として活動
2020 東京都議会総務委員会委員、東京都動物愛護審議会委員、東京都中小企業対策審議会委員として活動
博報堂時代に華々しい活躍をされ、
東京都議会議員となってからもその才を遺憾なく発揮されていたことがうかがえますね。
このような優秀な方がどうして今回のようなことをしてしまったのか?
ちょっとしたタイミングや判断ミスなどはあったのかもしれませんが、
優秀でも人間性などに問題があったのかもしれませんね…
[ad]
木下富美子都議の年収は?

事件が発覚してから、ずっと雲隠れをしていた木下都議。

世間では職務を放棄しているなど、批判の声が高まってきました。

そんな状況でも、議員報酬は支払われ続けてきました。

世間はそれを一番問題視されているようで、
SNSなどで多く発信されています。

 

東京都議会議員の 2020年度の所得は平均1317万円と公表されています。
議員報酬は2017年から「身を切る改革」として2割削減されているそうです。
なので、それまではもっと高額な年収だったようですね。

 

では木下都議は…

東京新聞は、再選を果たした2ヶ月後に

議員報酬 81万7600円、政務活動費 50万円

が木下都議に支払われていると報じています。

そして、最近のニュースでは 冬のボーナスが約205万円だとか。

これが事実であれば、
再選後、ほぼ職務もせず、 4ヶ月で約528万円が支払われており、
これにボーナス 約205万円が今後上乗せされる計算だ!

政務活動費が年収に含まれるのかは不明だが、
年間で計算すれば、木下都議の年収は

およそ2000万円程度であることが考えられます。

職務を全うせず、これだけ税金で支払われるとすれば、
市民は黙ってはいられませんね!

 

 

スポンサーリンク

 

まとめ

今回は今話題沸騰中の東京都議会議員・木下富美子議員について紹介しました。

優秀な人物であることは分かりましたが、
今回のこれまでの対応を見る限り 人間性を疑いますね。

現状、強制的に議員を辞めさせる制度はないようで、
本人も議員継続を希望しているようです。

今後どう責任をとるのか、注目が集まりますが、
現状の対応で納得がいく方はいないのでしょう…

今後の動向が気になりますね。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
政治家著名人
スポンサーリンク
cozyをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました