堀田真由が可愛い!鎌倉殿・比奈役で話題も演技力の評判は?上手いのか下手なのか?

堀田真由の画像 女優
この記事は約8分で読めます。

こんにちは、cozyです!

 

ドラマなどで活躍され、「ネクストブレイク女優」の呼び声も高い堀田真由(ほった まゆ)さん。

数々の話題作に多く出演され、大河ドラマ『鎌倉殿の13人』で大河デビューを果たし、実力派女優として注目を集めています。

ファッション誌『non-no』の専属モデルや声優など、マルチに活動する堀田真由さんですが、女優としての演技力はどうなのでしょうか?

今回は 堀田真由さんの演技力の評判について、まとめてみました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

堀田真由のプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

堀田真由(@mayuhotta)がシェアした投稿

《氏名》 堀田 真由(ほった まゆ)
《生年月日》 1998年4月2日(24歳)
《出身地》 滋賀県
《身長》 159 cm
《血液型》 O型
《職業》 女優、ファッションモデル
《所属事務所》 アミューズ

堀田真由さんは2015年WOWOW連続ドラマ『テミスの求刑』で女優デビューを果たし、2017年のNHK連続テレビ小説『わろてんか』で、主人公てんの妹・藤岡りんを演じて注目を集めています。

その後、『3年A組』『恋はつづくよどこまでも』(TBS)など話題作にも出演され、2020年からファッション誌『non-no』で専属モデルとしても活動されています。

また、2020年4月に“美少女タレントの登竜門”的存在として知られている 結婚情報誌『ゼクシィ』のCMガールに抜擢され話題となりましたね♪

ほんと、仕草やウエディングドレス姿がかわいいですよね(๑′ᴗ‵๑)♪

 

さらに、2022年3月公開のアニメ映画『ブルーサーマル』声優に初挑戦され、主人公・都留たまき役を演じられています。

 

堀田真由さんは女優以外にもマルチに活動されていることが分かりますね♪

 

 

スポンサーリンク

 

 

堀田真由の演技力の評判は?

堀田真由さんは 演技力が高い と言われる、若手実力派女優。

2017年のNHK連続テレビ小説『わろてんか』で注目を集めて以降、

「チア☆ダン」(2018年)
「3年A組ー今から皆さんは人質です」(2019年)
「恋はつづくよどこまでも」(2020年)
「危険なビーナス」(2020年)
「かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜」(2019年・2021年)
「ハニーレモンソーダ」(2021年)
「サロガシー」(2021年)
「クロステイル 〜探偵教室〜」(2022年)

など、数多くの話題作となったドラマや映画に出演しされています。

 

2022年には、NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』で主人公・北条義時の正室・比奈役で 大河ドラマデビューを果たしています。

堀田真由さんが演じた比奈は、新垣結衣さんが演じた北条義時の前妻・八重が急死した後に登場される人物。

世間でいわゆる“ガッキーロス”が広がるなかでの初登場には、「果たして視聴者に受け入れられるのか」という不安も囁かれていたようですが、そのルックスと演技力により悪い意味で話題とはならずにすんなりと受け入れられていましたね♪

 

 

さらに、女優ばかりでなく、声優に初挑戦した2022年3月公開のアニメ『ブルーサーマル』も好評で、 監督からの細かい要望への対応力が高く、演技力にも定評があったようです。

堀田真由さんの演技は、共演した声優陣やスタッフからも 「初めてとは思えない」と大絶賛だったとか⁉︎

声だけも演技力が高く評価されており、今後声優としての出演も増えるかもしれないですね♪

 

また、2022年7月に行われた“ゆうばり国際ファンタスティック映画祭”で、輝かしい活躍を見せる俳優やクリエイターに対し贈られる 「京楽ピクチャーズ.PRESENTS ニューウェーブアワード」の女優部門を堀田真由さんが受賞されています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

堀田真由(@mayuhotta)がシェアした投稿

堀田真由さんは、その演技力の高さが認められ、今後更なる躍進が期待される女優で間違いなさそうですね( ꒪Д꒪)!

 

堀田真由の演技についての世間の反応は?

 

ネット上の意見も 「演技が上手い」という声が多数ありました!

ほんと、堀田真由さんの演技には、何か惹きつけられるものがありますよね( ꒪Д꒪)

 

スポンサーリンク

 

 

実力派女優と言われる理由は?

堀田真由の画像出典:MANTAN WEB

堀田真由さんは、2014年に現在の芸能事務所「アミューズ」の新人発掘イベント「オーディションフェス2014」で選ばれ、 16歳で芸能界入りされ、2015年に女優デビューを果たされています。

しかし、そこに至るまで順風満帆ではなかったようです…

昔、オーディションに落ちて続けていたときはつらかったですね。最後の2人まで残って落ちたときが一番悔しかったです。悔しくて悔しくて、商店街を泣きながら歩いて帰ったこともあります。でも、その気持ちが原動力になって今があると思っています。
引用:フジテレビュー

芸能界に入るまでに、多数のオーディションを受けるも落ち続けていたようですね。

 

ターニングポイントとなったのは、映画「ソロモンの偽証」の主人公・藤野涼子役を選出するために行われた大規模オーディション。

堀田真由さんは書類選考・2次審査を経て、単身で滋賀県から上京。

最終審査5人まで残りますが、惜しくも落選。

ですが、 この悔しさが女優として上を目指すきっかけになったといいます。

この時、芸能事務所からスカウトされますが、2014年に芸能事務所「アミューズ」の新人発掘イベント「オーディションフェス2014」に自分で応募。

3万2214人の中からWOWOWドラマ賞を受賞され、自分の力で芸能界への道を切り開いたのです!

 

スカウトの話を蹴って、オーディションで芸能界入りを勝ち取るなんて、すごいですね!Σ(゚д゚lll)

私だったら、芸能デビューを目指して活動している中、スカウトされたら二つ返事でOKしちゃいそうですけどね(笑)

悔しさをバネに努力し続ける心の強さが演技に現れているのかもしれませんね。

 

 

また、演技に対する姿勢に関するエピソードも。

「鎌倉殿の13人」でも、慣れない和装での撮影に、所作が無意識にできないと感情もとまってしまうため、家で着物をきて練習するなど、 演技に対する真剣な姿勢も評価されているようです。

 

堀田真由さんは、演技に対する直向きな姿勢と、悔しさをバネにする強靭なメンタルによる努力『実力派女優』と言わしめるのかもしれないですね( ꒪Д꒪)♪

 

 

スポンサーリンク

 

 

まとめ

今回は 『堀田真由が可愛い!鎌倉殿・比奈役で話題も演技力の評判は?上手いのか下手なのか?』と題して、記事を書きました。

堀田真由さんは、その演技力の高さが認められ、今後更なる躍進が期待される女優で間違いなさそうですね( ꒪Д꒪)!

今後も目が離せませんね!

 

新木優子さんもゼクシィCMガールでしたね↓

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
女優芸能人
スポンサーリンク
cozyをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました