椎名林檎のグッズは炎上商法⁉︎過去にはヘルプマーク似デザイン以外でも!

椎名林檎の画像 アーティスト
この記事は約9分で読めます。

こんにちは、cozyです!

 

人気アーティストの椎名林檎(しいな りんご)さん。

オフィシャルグッズのデザインが物議を醸し、話題になっています!

そのグッズが「ヘルプマーク」に酷似しているデザインになっておりSNSで炎上騒動を起こしています。

椎名林檎さんは過去にも炎上騒動があり、今回のグッズも炎上商法ではないか、とも言われています。

今回は、椎名林檎さんのヘルプマーク似デザイングッズと過去の炎上騒動について、まとめてみました。

 

スポンサーリンク

 

 

椎名林檎のグッズに批判殺到!

11月末に発売される椎名林檎さんのオフィシャルリミックスアルバム「百薬の長」。

その関連グッズが「ヘルプマーク」「赤十字マーク」に酷似しているというのです。

どれほど似ているのでしょうか?

 

比較画像がこちら↓

ヘルプマーク 赤十字マーク

確かによく似ていますね^^;

というか、マネているとしか思えないですね!

 

そもそも「ヘルプマーク」「赤十字マーク」とは…

《ヘルプマーク》
障害や疾患などがあることが外見からは分からない人が、支援や配慮を必要としていることを周囲に知らせることができるマーク

《赤十字マーク》
戦争や紛争などで傷ついた人々と、その人たちを救護する軍の衛生部隊や赤十字の救護員・施設等を攻撃から守るために使用(表示)するマーク

そのため、同様のデザインのグッズが世に出回ってしまうと、上記の意味でマークを使用している方が困ってしまいますよね?

 

この「ヘルプマーク」「赤十字マーク」酷似したデザイングッズの発表を受けて、Twitter上で批判の声が相次いでいます。

Tweet / Twitter

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

椎名林檎のグッズは違法行為⁉︎なぜ採用された?

実は今回発表された椎名林檎さんの関連グッズですが、「法律的にも問題があるのではないか」と疑問の声も挙がっています。

 

日本赤十字社によると、「赤十字マーク」の使用については法的に定められていると公表しています。

紛争地域等で「赤十字マーク」を掲げている病院や救護員などには、絶対に攻撃を加えてはならないと国際法や国内法で厳格に定められています。つまり、赤十字マークは、いざという時にわれわれ国民一人ひとりを守るマークなのです。
また赤十字マークは、病院や医療を象徴するマークだと思っている方も少なくないようですが、このようにとても大切な意味をもつマークであり、 その使用については赤十字社と法律等に基づいて認められている組織に限られています。もちろん、一般の病院や医薬品などに使用することは禁止されています。
引用:日本赤十字社

 

しかも、美術系大学などではデザインに関する倫理観を教わるそうで、なぜ法的に触れるようなデザインのグッズを作ったのか疑問に思います。

きっとグッズ作成にデザイナーは関わっていたと思いますが、その意向や最終決定は椎名林檎さんやディレクターにあったので、法的に問題があるのが分かったままグッズ発表までに至ったのではないでしょうか?

 

実は椎名林檎さん、今回の関連グッズ以前にも「赤十字マーク」似デザインを使用しています。

それは2000年に行われた初の全国ホールツアー『実演ツアー 下剋上エクスタシー』。

このツアーのロゴに「赤十字マーク」似デザインを使用されており、グッズも販売されています。

下剋上エクスタシー

 

この当時は大きく問題にはなっていなかったようですね^^;

・当時はまだヘルプマークはなかった(ヘルプマークは2012年に作成)
・時代的に今ほどコンプライアンスにが厳しくなかった

これらのことから、2000年当時は大きく問題として取り上げられなかったのかもしれません。

まあ、法的に問題があるのは「赤十字マーク」の方なので、当時であっても問題な気もしますが…

もしかすると、過去に問題とならなかったので、同様のデザインとしてOKを出したのかもしれませんね。

 

ただ、椎名林檎さんは過去に炎上騒動があり、今回の関連グッズについても炎上を狙っていたのではないかとも言われています。

https://twitter.com/solvalou765/status/1578803623873560576?s=46&t=kD0M27Bup1wzKc9_YitCCw

 

では、椎名林檎さんの過去の炎上騒動とはどういったものがあったのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

 

 

椎名林檎の過去の炎上騒動まとめ

それでは、椎名林檎さんが過去にどのような炎上騒動があったのか見ていきましょう。

 

旭日旗事件

出典:J-CASTニュース

2014年11月5日に発売されたアルバム「日出処(ひいずるところ)」のジャケットが、旭日旗のようなデザインになっていると話題になりました。

またこのアルバムに入っている曲で、2014年6月に発売されたNHKのサッカー放送テーマ曲「NIPPON」では、その歌詞が特攻隊や純血思想を思わせると言われ、ライブでも旭日旗のようなデザインの衣装であったり、観客も日の丸や旭日旗を振っていたりと、注目を浴びました。

 

旭日旗は、第2次大戦前から使われ、現在も海上自衛隊などが採り入れています。しかし、韓国では、ナチスの旗のような「戦犯旗」扱いされており、そのデザイン採用を巡って度々騒ぎになってきていました。

椎名林檎さんは、ファッションとして旭日旗を使用していたのかもしれませんが、戦争を想起させるものであり一部の人から問題視されていました。

 

愛車に「ヒトラー」

椎名林檎さんには、「ヒトラー」と名付けた愛車がありました。

車種は1970年代製のメルセデス・ベンツ W114。

 

実はこの「ヒトラー」、2000年にリリースされたシングル「罪と罰」のPVで真っ二つにされています!

「すぐ故障しちゃうし、使えないから切っちゃおう!」

ってなったみたいです^^;

ただ、愛車をぶったぎられる瞬間を目の当たりにした椎名林檎さんは涙し、同曲が収められているPV集内の他曲PVにて、ヒトラーの弔いの様子が収められているそうです。

ちなみに、車の解体にかかった費用はざっと2000万円だったとか(゚o゚;;

 

この愛車に「ヒトラー」と名付けたことを“悪趣味”と言われ、炎上されていました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

まとめ

今回は 『椎名林檎のグッズは炎上商法⁉︎過去にはヘルプマーク似デザイン以外でも!』と題して、記事を書きました。

椎名林檎さんのヘルプマーク似の関連グッズが炎上商法だったのかは定かではありませんが、椎名林檎さんの過去の炎上騒動などを鑑みると、そうである可能性も否定できませんね。

このグッズはどうなるのでしょうね?

 

アーティストに関する人気記事はこちら↓

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
アーティスト音楽
スポンサーリンク
cozyをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました